Now Loading...

Now Loading...

北海道北宗谷エリアの観光情報ポータルサイト

北海道の名物「ちゃんちゃん焼き」と言うと、「鮭のちゃんちゃん焼き」が有名だが、北海道礼文島では香深(かふか)漁港で揚がった、新鮮なホッケをちゃんちゃん焼きにした「ホッケのちゃんちゃん焼き」が旨い。

「ちゃんちゃん焼き」の名の由来には諸説あり、「ちゃっちゃと(=素早く)」作れるからと言う説と「ちゃん(お父さん)」が作る事からついた説などがあり、礼文島では海の男達の自慢の味として定着している。

北海道周辺の海域では、ホッケ漁が盛んに行われている。なかでも利尻島・礼文島のホッケは水揚げが多く、味の評判も良い。その理由の一つに、日本海で豊富なエサを腹いっぱい食べ、充分に成熟したホッケは、身が厚く、脂ものっていると言うわけだ。
島のホッケ漁は夏が最盛期、その後は、産卵をひかえた秋にも盛んになる。

調理法は、開いた生ほっけの上に、特製みそと長ねぎをたっぷりのせて炭火で焼き、焼けた部分から皮の上でそっと身をほぐしながら、みそを絡めて食する。脂のりのいい礼文のホッケは柔らかく、身がホロホロとほぐれてくる。

また、島の新鮮なホッケは皮まで食べられる。目の前の炭焼きでパリパリに焼いた皮は香ばしくて、酒の肴にはうってつけ。一般家庭で食べる、いつものホッケとはわけが違う、礼文のホッケは品質が良く格別な旨さだ。

香深港には、「ほっけのちゃんちゃん焼き」を食べられる居酒屋や食堂が港沿いに軒を連ねる。
夕暮れ時、薄桃色に染まる港に漂う炭火の薫りに誘われて、旨いホッケと美味しいお酒を探してみては。